現実による異業種からの転職

若い頃には、みなさん様々な夢を抱いていたと思います。得意なことがある方は、この得意分野を生かして仕事をしたいと思っていた方もいれば、好きなものを仕事にしたいと考え、好きな業界で頑張ろうと思っていた方もいるでしょう。漫画好きの方は、将来は漫画家になると考え、漫画家を目指していた方もいると思います。しかし、何年も芽が出ない状態が続くと、このままで良いのだろうかと不安になる方もいるでしょう。

漫画家を目指している方は、幼いころから漫画を描いていた方も多いと思います。自分には、漫画の才能があると思っている方もいるでしょう。しかし、漫画の世界というのは、才能だけではプロとして成功することは出来ません。その時々のブームなどもありますし、運なども関係してきます。漫画家として仕事が来るようになれば、才能だけではなく、締切を守りながら作成していくことも必要となります。出版社などから、NGが出ればその都度直していくことも必要となるでしょう。それだけ、漫画家という世界は厳しい世界ということです。実は、漫画家でプロとして成功するのは1,000人に1人と言われており、ごくごくわずかな人しかデビューを勝ち取ることが出来ないようです。

漫画家を目指し何年も活動してきた方は、こういった現実を知ることで、そろそろ漫画家は諦めようと転職を考える方が多くなります。でも、物作りには携わっていたいと考えている方は、システムエンジニアという物作りの仕事へ転身する方が多いんです。漫画を作成する際には、パソコンを使っている方も多いでしょうし、IT業界に詳しい方も多いでしょうから、スムーズにIT業界への転職を叶えることも出来るでしょう。
このようなことから、漫画家の方の中には厳しい現実を知ることで、システムエンジニアに転職する方が多いんです。